不動産会社も、仲介、代理と、直接的な貸主になっている場合ですと、それぞれ、違って来るので注意しましょう。

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
PAGE
大きなお金を借りることができる不動産担保ローン

不動産会社が貸主の場合ですと

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
不動産会社が、家主さんという場合があります。いわゆる貸主になっているような物件があるのですけれども、仲介や、代理などとは少し違っているので注意が必要になって来ると思います。まず法律の事なのです。法規制なのですけれども、基本的に宅地建物取引業法の適用はありません。不動産会社の業務処理には、特別な法規制はないのです。その為に監督されなければならないという対象には無いので注意しましょう。そして、仲介手数料なのですけれども、不動産会社が貸主の場合ですと、仲介の必要はありませんよね。仲介の必要が無いのですから、仲介手数料は発生しないという事になります。だから物件を選ぶ時には、仲介手数料が発生するのかどうか、不動産会社がどういった立場で物件を紹介しているのかどうかをきちんと調べておかなければなりません。他にも重要事項説明の事がありますよね。

この重要事項説明の場合、不動産会社が貸主の場合ですとその気味はありません。不動産会社が任意で物件や契約条件の説明を行う事になるのです。だからもし、この形態で借りるという事になれば、借り主から、契約内容の詳しい説明を求める事が大切になって来るのではないでしょうか。

Copyright (C)2019大きなお金を借りることができる不動産担保ローン.All rights reserved.