新築に一戸建て不動産を購入する場合はその購入資金だけではなく諸費用や税金が必要になってきます。

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
PAGE
大きなお金を借りることができる不動産担保ローン

新築一戸建ての不動産を購入する場合の必要資金

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
新築の一戸建てを土地つきで購入する場合は新築マンションを購入する場合と少し違ってきます。購入価格だけではなく、税金や諸費用が必要になってきますが、細かいものでも、それが多くなればかなりのまとまったお金になってしまいます。請求されて慌てふためくことのないように、最初から全体像を掴んでおいてください。税金に関して土地には消費税は必要ありませんが、新築の建物は消費税の対象になります。また購入後しばらくして、不動産取得税を支払う必要があります。また契約書には印紙、移転登記や保存登記には登録免許税が必要になってきます。

新築一戸建ての不動産購入に際しての諸費用は、まずは仲介手数料が必要になってくると思います。新築分譲マンションの購入には必要ないようですが一戸建ての場合、一定はしていませんがほとんどの場合この不動産屋さんに支払う仲介手数料はあると思ってください。住宅ローンを組む場合の保証料や事務手数料、それにつなぎ融資を利用することが多いと思いますが、その利息も金額が大きいので馬鹿には出来ません。それに、団信の保険料や火災保険や地震保険の保険料、これらは確実に必要になります。これらの諸費用はあらかじめ、見積もりなどとって最初から資金繰りに含んでおいてください。

Copyright (C)2019大きなお金を借りることができる不動産担保ローン.All rights reserved.