気に入った賃貸不動産があれば、入居申し込みをして入居審査が行われ、通過して初めて賃貸契約となります。

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
PAGE
大きなお金を借りることができる不動産担保ローン

賃貸不動産の入居申し込みから契約まで

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
賃貸不動産の場合も、賃貸契約を交わして初めて正式に入居が認められることになります。気に入った物件が見つかったら、まずは入居の申し込みをしますが、この時点ではまだ契約はしていませんので双方から撤回を申し出ることができます。但し入居の申し込みをすると、少なくとも他に入居希望者がいても保留となりますので、迷っている段階で簡単に申し込みをすることは避けるべきでしょう。契約違反ではなくてもマナー違反です。申し込み後に貸主から初めて聞かされる条件などで納得がいかないことがあれば、それを理由に撤回することは一向に構わないでしょう。

入居の申し込みをすると、入居希望者の情報が貸主に伝えられ、入居審査が始まります。入居審査の内容は貸主によってまちまちで、源泉徴収票で充分な収入があると判断すれば身内の保証人のみで許可してくれる場合もあれば、収入に問題がなくても他人の保証人と保証会社への加入を条件にしてくる場合もあります。過去に家賃滞納の苦い経験がある貸主ほど、厳しい条件をつけてくることがあります。納得できなければ借りないという選択肢があります。どうしてもその賃貸不動産を借りたければ貸主の条件をのむしかありません。入居審査に通過すればようやく賃貸借契約をするという流れです。

Copyright (C)2019大きなお金を借りることができる不動産担保ローン.All rights reserved.