不動産は都心からの距離や築年数など、様々な要素によって価値が変わります。価値が高ければ家賃も高くなります。

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
PAGE
大きなお金を借りることができる不動産担保ローン

不動産の価値はエリアによっても変わる

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
住まいを借りる時に、無理なく支払っていける家賃の物件を探すことは当然大切なことですが、エリアによって家賃の相場は大きく異なるものであり、希望する予算内で探せるエリアは限られてくるかもしれません。いくらエリアが決まっても、予算がそのエリアの相場からは大きく外れて低ければ、エリアを変更することも視野に入れなければなりません。しかし駅から距離が遠かったり、マンションではなくアパートにしたり、工夫次第では諦める必要もないかもしれません。不動産の価値はエリアや築年数、設備等によって変わり、不動産の価値が高ければ家賃も高くなります。まずは希望する予算内で借りられるエリアを絞り込んでいきましょう。

不動産の価値を左右する要因としてエリアを挙げましたが、具体的には都心からいかに近いか、ということで決まります。都心に近いほど高く、遠くなるほど低くなります。しかし都心からほどほどの距離で閑静な住宅街が人気となり、高級住宅街のエリアになることもあります。また同じエリアであっても、駅からの距離が遠くなればそれだけ不動産の価値は下がります。徒歩圏内とバス利用とでは家賃もかなり違います。駅ひとつしか離れていなくても、片や駅前が栄えていて片や寂れていれば、当然栄えているほうが高くなります。

Copyright (C)2019大きなお金を借りることができる不動産担保ローン.All rights reserved.