不動産を借りる時は賃貸を扱う業者と取引をしますが、業者の役割はいろいろです。仲介だけとは限りません。

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
PAGE
大きなお金を借りることができる不動産担保ローン

不動産を借りる時に取引する会社の役割

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
賃貸を借りる時、不動産会社を通じて取引を進めていくのが一般的だと思います。取引の流れは大体同じですが、実はこの間に入る会社の役割はいろいろです。借りる不動産のオーナー、つまり貸主である場合もあれば、単に貸主と借主の仲介をしているだけの場合もあります。貸主ではないが、その物件の管理業務を請け負っていることもあります。取引の際間に入る会社の役割によって注意点や、入居後の対応も変わってきますので、契約をする前に確認したほうが安心です。

賃貸を借りるということは、その不動産の所有者がいるわけで、つまり必ず貸主がいます。これがいわゆる大家さん、と呼ばれる人のことです。しかし大家さんが直接借主を募集したり、借主と会って賃貸契約を結ぶことは稀で、大抵はその手の業務に長けている不動産会社に依頼します。これが仲介業者です。仲介業者は入居者の募集や入居までの手続き全般をサポートしてくれますが、基本的に入居後は関係ありません。オーナーが個人ではなく会社、ということもあります。その会社が借主を募集すれば、仲介ではなく貸主との直接契約となります。仲介手数料は発生しません。貸主から管理業務を依頼されている会社なら、入居後も付き合っていく会社ということになります。

Copyright (C)2019大きなお金を借りることができる不動産担保ローン.All rights reserved.