不動産の投資にはレバレッジの概念があります。融資を用いて割高な物件を買い、大きな利益を狙うのが目的です。

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
PAGE
大きなお金を借りることができる不動産担保ローン

レバレッジの高い不動産投資では融資を用いる

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
投資には、レバレッジという概念が存在します。レバレッジはテコの原理という意味で、大きな利益を狙いたい時などに利用される仕組みです。レバレッジを利用すると、少ない元手で多くの金額を動かす事ができるのです。レバレッジは、不動産にも関係があります。

不動産の物件は、しばしば投資に用いられるものです。家賃収入や物件価格の上昇に期待をするやり方なのです。例えば、手持ちの資金が500万円だとします。500万を用いて、何かの物件を買いました。その物件の利回りは、5%見込みだとしましょう。その場合は25万円の収入が期待できます。ところが借り入れをすると、もう少し大きな利益が狙える場合があります。4500万円の融資を受けて、5000万円の物件を買ったとします。それも同じく、5%見込みだとしましょう。その場合、利益は250万円です。ただし融資を受けているので、返済をする必要がありますが。その返済を差し引いても、利益が発生する事が多いと言われています。もしも融資の為の金利が2%なのでしたら、返済額は100万円です。差し引き150万円の利益ですので、500万円の物件を買った時よりも利益が大きいということになります。

不動産でのレバレッジが大きな投資というのは、このように融資が関係してくる訳です。ただし投資にはリスクはあります。融資の利率が6%になったり空室率が上がれば、利益率が思ったより少なくなる可能も有るのは要注意かと思います。

Copyright (C)2019大きなお金を借りることができる不動産担保ローン.All rights reserved.