要らない住まいつき不動産を放棄するには売却して別の買い手が見つかるか相続放棄しか方法がないということ

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
PAGE
大きなお金を借りることができる不動産担保ローン

要らない住まいつき不動産は相続放棄しか方法ない

大きなお金を借りることができる不動産担保ローン
不動産を持つということはこれまでの時代ならば資産の価値が上昇していたために投資家たちにとってみたら売りさばいてたくさんの資金にできて儲かるための1つの方法にできましたし、一般の市民にしてみても賃貸で永久に暮らす場合に比べると貸主に左右されない生活ができること、そして最終的に賃貸家賃よりも安い費用で住めるという2つのメリットを有していること、そして子孫代々に土地と建物を提供できるので余計な投資をさせなくてもいいという3つのメリットを有していました。

しかしながら土地や家また畑などの農地を持つということは同時にこれら固定資産税を保有している限りは永久に払わないとならないという宿命を負わされているのであります。問題はそのような不動産を保有していた先代の人たちがこの世を去ったときなのであります。というのは先代の人たちがこの世を去ったならば、そのままにしておくとその土地は子孫たちの自動継承になるのであります。そしてそれがさらに複雑な問題に発展させるのです。というのはそれら自動継承されたそれらの土地や建物に対して相続人が固定資産税の支払いを強要されるからです。一旦相続をしたならば売却して別の売り手が見つからない限りたとえ要らないと市町村に申し出てもカネにならないと判断されたならば受け取ってもらえないのです。なぜなら土地の寄付を受け取れば固定資産税の税金を徴収できなくなるからであります。また支払いを拒否したら何としてでも無理やりにでも相続人の預金口座や住まいを差し押さえにでもかかってくるのです。要らないといっているし売りに出しているにもかかわらず、買い手がつかない限り徴収しとうというやり方はまるでヤクザやマフィアみたいに悪質なわけですが、それを回避させるには相続の際に放棄するしかないのであります。ただし相続放棄となると先代の人たちが保有していた現金など動産資産ももらえなくなることを肝に銘じないとならない覚悟をしなければならないのであります。

Copyright (C)2019大きなお金を借りることができる不動産担保ローン.All rights reserved.